歯科技工所で義歯を作ろう~入れ歯で問題を改善して快適度アップ~

医者

虫歯の対策

医療器具

歯科に行く人の多くは虫歯といわれています。虫歯にならないために予防歯科に行く人もいますが、虫歯の人の数は多いようです。虫歯になってもまだ、初期虫歯であれば、削らずとも治すことができます。虫歯が深くなってくると、削る治療を行う必要がありますが、そこまで虫歯が大きくなければ削らずに治すことができるのです。歯に浅い虫歯ができた時、昭島の歯科では、フッ素塗布や歯垢除去を行い、虫歯ができないように歯を洗浄することを行います。それを繰り返すことで虫歯をできるだけ改善することができるのです。初期虫歯なら、特定の薬を塗布して治すことも可能です。そのため、虫歯ができた時は昭島の歯科に行くといいでしょう。

ただ、虫歯が広がり少しひどくなってくるとどうしても詰め物治療をするために歯を削る必要があります。虫歯の部分を削り、詰め物をそこに詰めることで歯を通常通り使うことが可能です。詰め物は一般的にコンポジットレジンといわれる物を使います。そのコンポジットレジンは、光を当てることで硬質化する特徴があるため、削った歯を補うことができるのです。詰め物治療の他に根管治療や抜歯という治療法があります。ただ、どれも虫歯が大きくなる際に行われる治療です。根管治療や抜歯には痛みを伴うことがあります。そのため、これらの治療を行わずにすむよう虫歯は早めに昭島の歯科に行き対策しておくといいでしょう。昭島の歯科により対策方法は変わってくるため気をつけておきましょう。