歯科技工所で義歯を作ろう~入れ歯で問題を改善して快適度アップ~

医者

歯周病の予防方法

先生

虫歯の他に歯周病になる人が増えています。歯周病は、歯の周りに起こる病気でひどくなると歯がグラつき歯が取れてしまいます。そのため、小岩の歯科に行き治療してもらうことが大切です。歯周病になるとまず歯茎が赤く腫れます。そのようになると、歯茎が柔らかくなり固定力が減ります。このようなことが起きた時、小岩の歯科ではプラークコントロールを行います。プラークとは、歯周病の原因となるもので、これが蓄積することにより歯周病になります。プラークは口の中にいる細菌のため、常に口の中に存在します。ただ、昭島の歯科でプラークコントロールをすることでその量を少なくして、歯周病を防ぐことができるのです。小岩の歯科では、プラークコントロールを行い、口臭を抑えることも可能です。

プラークコントロールにより、プラークを減らしたとしても歯周病が減らない時は蓄積したプラークを直接減らします。そうすることで根本的に歯周病を治すことが可能です。歯周病は、日頃のプラークコントロールが大切です。歯間ブラシ等を活用してプラークを除去しておくことが大切です。予防歯科に行くと歯磨きの指導を行うところもあるため、歯磨きの方法を学び、正しくプラークを除去することが大切といえるでしょう。予防歯科では、フッ素塗布等を行い、歯を強くしてくれます。フッ素には歯を強くする効果があり、虫歯を防ぐ効果があります。そのため、小岩にある予防歯科に行くと歯周病と虫歯の2つを予防することができるのです。